工務店との上手な付き合い方とは?

>

注文住宅を工務店で建てたい方へ

ハウスメーカーと設計事務所の比較

圧倒的認知度を誇るハウスメーカー。
ハウスメーカーは、管理は自社で行い、実際に家を建てるのは請負の工務店です。
ハウスメーカーは、設計図や間取りのプランを豊富に持っていますので、あとはあなたの建てたい家に合わせて選ぶだけという点が魅力です。
ただ、お値段は高いものも多く、例えば棚板一枚増やすのにもオプション費用がかかります。
「知名度が高い業者がいい」「工期は早ければ早いほうがいい」という方におすすめです。
次に設計事務所ですが、設計を専門のデザイナーが行い、実際に家を建てるのは、請負の工務店ということになります。
何といっても、デザインの自由度が高いので、個性的な家づくりが可能。
ただ、建築費にデザイン料がおよそ1割かかると言われていますので、こちらも価格は高めです。
「人とは違う家を建てたい」という方におすすめです。

工務店の種類とは?

ハウスメーカーに頼むにせよ、設計事務所に頼むにせよ、いずれも家を建てるのは工務店です。
ですから、工務店選びは家づくりの成功のカギを握ると言っても過言ではありません。
そもそも工務店とは、主に一戸建てを建築する業者を指します。
そして、工務店では大工、左官、とび、水道、電気などの専門職の方を抱えており、工事が予定通り進んでいるか、図面と違う点はないかなどを管理、指導します。
一口に工務店と言っても、昔ながらの工務店以外に、ハウスメーカーあるいは設計事務所と契約結んでその企業から依頼された家だけを建てる工務店、土地の購入から建築までを一括して行っている工務店など、その内容は様々です。
気になる方は、様々な工務店をチェックして資料を取り寄せてみると良いでしょう。


この記事をシェアする