工務店との上手な付き合い方とは?

>

工務店に頼むメリットとデメリットを知っておこう

工務店に依頼するメリット

ここからは、筆者である私の経験に基づいて書かせていただきます。
私は十数年前、区内のある小さな工務店に注文住宅を建ててもらうことになりました。
その時に感じたのが、とにかく融通が利くということです。
どういうことかと言うと、例えば「白い壁の下に腰壁をつけましょう。費用はいりません。」と太っ腹なことを言ってくれました。
確かに、以前住んでいたマンションは経年劣化で壁が黄色っぽくなっていたり、足元が特に汚れやすかったので、床面より1メートルぐらいまで木の板をつけていただいたことはありがたかったです。
それから10年以上経っても、腰壁のおかげで汚れ知らずでした。
また、ハウスメーカーや設計事務所を通さない分費用がかなり抑えられたのも大きなメリットでした。

デメリットは何?

次はデメリットについてお話しします。
これも私の経験談ですが、工務店の方は比較的ご年配の方が多いため、「口約束になりやすい」ということです。
バスルームの床を「ベージュで」とお願いしたつもりが、出来上がってみると床がグレーになっていました。
結局「グレーでも違和感はないからいいか」と思って再工事はお願いしませんでしたが、「きちんと契約書に残しておけばよかった」と少し後悔しました。
また、ご年配の方だったのであまり「主婦の要望」はピンと来ていないんだろうなと感じました。
というのも、もともと工務店さんはシステムキッチンの天板は清潔な白を勧めてきたのですが、私は以前住んでいたマンションが天板が白くて汚れが付くと落ちにくいことを知っていたため、「いや、ステンレスでお願いします」と言ったのですが、「え?白いほうがおしゃれなのになあ」と少し残念そうな顔をされたからです。


この記事をシェアする